コーヒー

豆香洞初の”キリマンジャロ”

完全に子育てブログと化しておりますが
一応ここはコーヒー屋のストアブログです。
私も忘れていました;
恐ろしい事に気がつけば約3ヶ月もの間商品のご案内をしていません。
その間いくつか新商品も出ていたのですが。。。

こんな事じゃいかん!いかん!イカンガーーー!

ってことでタンザニアのコーヒーのご案内。
久々の告知、宣伝です。

『数量限定 タンザニア アスコナ農園 マイクロロット』

豆香洞で初めて取り扱うタンザニアです。
タンザニアと聞いても一般の方はほんと、イカンガー選手くらいしか印象は無いみたいです。
「キリマンジャロ」と言った方が分かりやすいでしょうか。

ただ個人的にはあまり「キリマンジャロ」とか「モカ」等の通称は好きではありません。
イエメンはイエメン、タンザニアはタンザニアでしかなく、
細かい事を言えば農園や豆によっても風味や味わいが異なるためです。

また、キリマンジャロとは普通呼ばないでしょうが、
当店にはキリマンジャロを挟んだお隣の国、ケニアのコーヒーがあります。
タンザニアのコーヒーの質の高さはさすが、と認めますが、
ケニアの鮮烈な印象の味わいに比べるとややおとなしめな気がします。
とまあこれもざっくりとした、一般的な「キリマン」の印象でしかないのですが。

そんなこんな(?)でなんとなく今まで取り扱いが無かったタンザニアですが
今回少し面白いロットが入ったので販売いたします。

アスコナ農園、特別仕立てのマイクロロット。
シェードツリーの多い自然環境に配慮した17,18区画のロットです。
タンザニアは大きな農園が少なく、農協単位での取引が主となりますので
農園単位、しかもここまで細かく区画分けされたロットは珍しいと思います。

まだ試験的な段階かもしれませんが、
「テロワール」や「微気候」「トレーサビリティ」と
かなりスペシャルティコーヒーの生産を意識した取り組みです。

オーナーのNeel Vohora氏はアスコナ農園の他にエーデルワイス農園等
タンザニアで大規模農園を数箇所所有しています。
去年のSCAJカンファレンスの生産国セミナーやカッピングパーティでご一緒しました。
若く、イケメンで、大金持ち。
羨ましいにもほどがあるっ!くなっ!くなっ!むっきー!
・・・失礼しました。
質の向上に対してとても熱意のある方です。
はにかんだ笑顔が素敵。

試験的栽培(?)の試験的販売ですので数量はかなり限定的です。
売り切れたらごめんなさい。

<<以下商品説明コピペ>>
爽やかさとコクのバランスの良さを生かすため中深煎りに焼き上げました。
ストレートでもブレンドのようにマイルドで完成された味わいが魅力。
区画管理栽培による特別仕立ての’キリマンジャロ’です。

爽やかさ★★★☆☆ コク★★★☆☆ バランス★★★★☆ コーヒー感★★★★☆

【素材情報】
タンザニア オルデアニ地区(ンゴロンゴ・クレーター周辺の山岳地域)
品種:ブルボン・ケント 標高:1700m 精製:水洗式 乾燥:アフリカンベッド

「マイクロロット」とは:
農園を微気候、地形、植生等によって区画化し、区画ごとの特徴をもったコーヒーを生産。
このロットはシェードツリー(コーヒーの日よけ用の木)が多い自然環境に配慮した区画のものです。

【焙煎人の独り言】
例えは変だけど「コーヒーらしい」香り。酸は柔らかで甘味も十分。
シェードツリーの影響、ではないだろうがフレーバーに微かなウッディ(シダー・針葉樹)を感じ
それが奥行きと上質さを生み出している。適度なボディに良質の渋を持ちミルクとの相性が良い。

パナマゲイシャ エスメラルダ農園

パナマのゲイシャエスメラルダを焼きました。

「コーヒーのロマネコンティ」と称されるコーヒーです。

あまりにも有名なためここで多くは語りませんが

ここまでテロワールがはっきりとしいて

かつバリ甘クリーンなコーヒー、あるにはあってもやはり希少です。

素材が素材なのでどう仕上げようか迷いましたが今回は

「どうだ!この個性!この素晴らしい酸味!」

というよりも

「コーヒー感」

を重視して焼き上げました。

『コーヒーの鬼がゆく』に影響されたわけではありません。(笑)

ずっと考えていて、最近そっち方向(?)にポリシーが固まりつつあります。

「レモンジュース」や「フレーバーティ」のような感じは軽くなりましたが

蜜のように甘く、どこまでも透明で、軽く飲みやすくてたまらない、

だれが飲んでも美味しいと思っていただけるコーヒーに仕上がりました。

頭を空っぽにして普通のコーヒーとして楽しんでください。

啜らず、普通に、ちびちび。なめなめ。

「凄さ」よりも純粋な「うまさ」を実感していただけると思います。

ドリップでもプレスでも美味しい。

何杯でもおかわりしたくなる味です。

900円/50グラムで販売いたしますが、予約分でほぼ完売。

カフェでもお出ししますが量は限られています。

飲めたらラッキー、くらいな感じがよろしいかと思います。

コーヒーはこれだけじゃありませんしね。

風味は異なりますが美味しいパナマが他にも2種類。

また、これまた美味しいマラウイ産のゲイシャも当店にはございます。

バレンタイン 3連発

こんにちは。ここ10数年、チョコなしモード驀進中。
バレンタインにはとんと縁のない店主です。
最近は「逆バレンタイン」というのもあるそうですね。
なんともはや。。。

何はともあれ、バレンタインです!
チョコとコーヒーはいとこのようなもの(?)で相性は抜群。
「私がチョコを貰ったら」という妄想を最大限に膨らませ
バレンタイン用に3種のコーヒーを用意しました。

まずは

1:お世話になったあの方へ。ずば。
『2009 義理ブレンド』 480円/100g

2:本命の方へ。ずばば。
『2009 バレンタインブレンド』 550円/100g

3:ド本命の方へ。ずばばば。
『パナマ ゲイシャ エスメラルダ農園』 900円/50g (←50g単位です!

義理・バレンタイン、両ブレンドは2月6日~14日までの期間限定、
パナマゲイシャは9日より店頭のみ販売いたします。
取り急ぎ告知まで。
詳細は後日掲載いたします。

クリスマスブレンド 2008

クリスマスブレンドができました。
11月中に完成の予定が延びに延びてやっと完成。
先にテーマをがっちり決めると難しいです
しかし、時間かかった分イメージどおりのものができました。

グアテマラをベースにエルサルバドルとスマトラ、エチオピアを配合しています。
コンポステラ・・・「星降る野」に
スマトラマンデリンの持つアーシーなイメージを現した「千歳緑」、
エチオピアイルガチェフのベリー&ワイニーな「深緋」、
エルサルバドルの明るい「橙色」が映える・・・
クリスマスの夜をイメージしたなんとも叙景詩的な(笑)ブレンドです。

期間限定のスペシャルブレンドですので思い切り遊び心を入れ
レギュラー陣とはまた違った雰囲気のブレンドに仕上げてあります。
うちの味に慣れたお客様にも「こ、これはっ!?」と、
美味しんぼの富井部長ばりに驚いていただける事かと思います。

テーマは「ホロニガ?アマズッパ?な夜」
昭和な感じです。言ってて恥ずかしい^^;
程よい苦味とコクの中にフルーツのような甘酸っぱさを感じていただけます。
チョコレートや生クリーム、またドライフルーツをたっぷり使った
クリスマスのスイーツに良く合うと思います。

12月25日までの期間、数量限定販売となります。
どうぞよろしくお願いします。

『クリスマスブレンド ’08』

星降る野


情けない顔でオムツを換えられる息子。
泣く時と泣かない時があります。

思いのほか赤ちゃんはいろんな事が「いっちょ前」で、見ていて面白いです。

最近驚いたのはオナラ。
大人と同じくらいの勢いでオナラするんですね。

先日横向き抱っこしてる時に腕の中で「ブッ!!」とされました。
その時5センチくらい‘浮いた’のです!

本当です。
なかなか信じてもらえないのですが、
3キロあるかないかの子供が大人オナラですよ。
考えてみてください、60キロの大人が今の20倍の勢いでオナラしたら・・・
ほら、そりゃ浮きますって。
しかもオムツがいい感じにホバークラフトみたくなってますから。

信じるか信じないかはあなたしだい。
人は、浮くんです。

唐突ですが新商品のご案内です。
コーヒー屋である事を思い出しました。

『グアテマラ SHB コンポステラ ボルサ』

オナラの話の後で恐縮ですが;
「コンポステラ(星の降る野)」
という、とても美しい名前のコーヒーのご紹介です。

豊かな酸味とコク、香りが魅力の
凝縮感溢れる素晴らしいコーヒーです。
グアテマラ・ウエウエテナンゴ産です。

ド、ドーン!とドン・パチ


何が悲しいのか、ぴえぴえと夜は泣きっぱなしで、明け方やっと寝ました。
寝顔をよく見るとまつ毛がちょぼちょぼ生えてきてるのを発見。
名前はただいま最終選考中。二つに絞られました。

とここまで書いてコーヒー屋らしく今日も宣伝を。

パナマのコーヒーが新登場です。

『パナマ SHB ティピカ ドンパチ農園』

レギュラーの「パナマ SHB オルテガル農園」と同じボケテ地区産。
品種も同じティピカ種100%ながら風味特性は違います。
土壌の違いや微気候のおりなす不思議でしょうか。
※「オルテガル農園」の販売はしばらくお休みです。


農園主のフランシスコ・セラシン氏と同姓同名の息子さん。

10月のSCAJのカンファレンスではパナマの生産国セミナーと
マイスター有資格者のカッピングパーティでご一緒しました。

しっかりとしたボディがありながら透明感のあるコーヒーです。
そして豊かな酸味。と言っても甘味を伴った柔らかな酸味です。
店頭で試飲していただいたお客様には
「いやーん、酸味ダメな私でも飲めるぅ~♪おいし~い
とご好評いただいております。
酸味が苦手な方もどうぞお試し下さい。

ぺるぅ

今朝もお店に行く前に病院に寄って名無し君をお風呂に入れてあげました。
二度目なのでちょっとは慣れ、もしかするとと少し期待はしてたのですが
やはり泣かれてしまいました。
昨日の倍ほど・・・こっちが泣きたいくらいです;

しかしその後の採血の際それ以上の猛烈な勢いで泣いてたので
お父さんのお風呂、「最悪」とまではいかない様子です。
少し安心しました。

毎日こんな調子だと子供の成長日記になってしまうので
コーヒー屋らしく告知をば。

ペルーのコーヒーが新登場です。
完全有機栽培で作り手にも環境にも優しい。
軽く炒ったアーモンドのように香ばしく優しい香りに優しいコクと優しい苦味。
深煎りが苦手な方にも試していただきたい優しいコーヒーです。

『ペルー エルパルゴマウンテン』 

おいしいコーヒーの真実

  
  ただいま公開中の話題のドキュメンタリー映画
  
     「おいしいコーヒーの真実」

  佐賀県の映画館「THEATER CIEMA」さんにて上映されます。
  
  何を思うかは人それぞれ。
  まずは一度観てみませんか?
  
  上映時間
  
  6/28(土)~7/4(金)   11:00/ 15:20/ 20:40
  7/5 (土)~7/11(金)   13:00/ 18:45

 公式サイト
映画『おいしいコーヒーの真実』

バトル!

ハンドピック(選別)のお話です。
ここ数日イエメンの「マタリ」と闘ってます。

覚悟はしていたけどやっぱり大変。
カップの上品な香味からは想像できないくらい生豆は欠点豆がいっぱい。
他の国の豆は量もさることながら欠点豆の種類自体少ないのでわりと取りやすいのですが、
マタリはまさに欠点豆の総合商社。

マタリだけで欠点豆のサンプル全種揃うんじゃないかってくらい、何から何まであります。

一度で全部取るのは大変なので毎回ターゲットを決めて4トライ。
1キロの豆を1時間ちょいかかって選り分けると残った豆はたったの6割しかありません。
半分近くの豆を捨てる計算です。
こうなってくると「欠点豆をハジいてる」というより
「良い豆を選んで取ってる」とポジティブに考えた方が良い気がしてきます。

実際マタリはハンドピックが直接味作りにつながり、
やる人によって味の変わるとてもチャレンジングな豆です。
悪そうな豆をただ単純に、機械的に弾いていくと特徴的な香味(モカ香)が薄れてしまいます。
取るべきか取らぬべきか、大量にあるボーダーラインの豆の見極めが肝心なのです。
私の場合データも経験も少ないので、あとはもう焼きながら、味を見ながら取ってくしかなさそうです。

小笹の牛作さんではないですが
「うまいモカを飲ます店」
と看板に書けるよう精進していきたいものです。

昼間は買い物や営業等、普通の開店準備に追われてるので
豆の選別は夜、晩御飯を食べてから1時くらいまでやってます。
昼のポカポカ陽気とは違った形で日々睡魔と闘っています。