イベント

まどかフェスティバル初日

無事(?)終了。

お蔭様で驚くほど多くの方にご来店いただきました。
本当にありがとうございます。
あまりのてんやわんやぶりに行き届かない点もあり
ご迷惑をおかけしたことお詫び申し上げます。


嵐の前の静けさ。
あまりに忙しく写真撮る暇無かったのでタチオ氏のHPから拝借しています。

イベントは準備が9割。
明らかに準備不足です。
というより「これくらい出たらなぁ」という希望的観測の
4倍量出たらそりゃ回りません
うちようなミニマム商店は特に。
予測があまりに甘すぎました。大野城市、凄いです。

足りなくなった豆をよいしょよいしょと焼いています。
明日もたくさんの方に飲んでいただけますように。

手伝ってくれたK君、何度も何度も買出しに走ってくれてありがとう。
二人(と0.1人)だけだととんでもない事になっていました。
ほんと助かりました。

一日中何事もなくおりこうしてくれてた0.1人も、ありがとう。

やりました!!

最終日に行われた「エスプレッソブレンドチャンピオンシップ」で
私たち九州チームは招待審査員部門でなんとなんと、
2位をいただきました!!

会場でも評判だったこのユニフォームやPOPはおひさまのコーヒーさんが作ってくれました。
まさにチーム力でもぎ取った結果に大満足。


(直前にカメラが壊れてこんな画像・・・

他のチームのプレゼンも楽しく、とても凝った内容に驚きました。
普段はライバル(?)同士の同じ地域のロースターが垣根を越えて
良いものを作るため協力し合うこのイベント、あらためて素敵だなと思います。
個人的にもとても勉強になりました。

第13回 コーヒー教室

今日は午前中お店でコーヒー教室を行いました。
生徒さんは仲良し3人組。
お一人は先月のcoffee+の方も受けていただいたのでなんと今日が2度目の「基礎編」。
内容ほとんど同じで申し訳ありません;
しかしみなさんとても熱心で私も教えながら本当に楽しいひと時を過ごせました。
ありがとうございます。


実際に何度か点てていただきます。

挽きたてのコーヒーをいれる楽しさを感じていただけたようで、
coffee+で買ってくださった方以外のお二人もミルを購入してくれました。

今日は他にも夕方遠方よりわざわざミルを買いに来てくださったお客様もいて、
「家でコーヒー豆を挽く」というスペシャルな価値観を持ったミルっ子が
3人も増えてとても嬉しいです。

coffee+の時ほどの仰け反り価格は無理ですが、送料も別ですが、
店長おすすめポーレックスコーヒーミルを期間限定、数量限定、税込みで

   ・・・2600エー

と格安でご提供させていただいております。
ウェブショップだけでなく実店舗でも購入できますのでまだ持たれてない方はこの機会にぜひ
コーヒー人生勝ち組確定アイテム「コーヒーミル」をご検討ください。
以上トウカドウインターネットショッピングでした。

ブレンド&バリスタチャンピオンシップ

今日はエスプレッソブレンドチャンピオンシップの九州チームメンバーが豆香洞に終結しました。
ミーティングを重ねて今日がいよいよ本焙煎。
大会で使う本番用の豆を焼きます。
事前の打ち合わせで方向性は固まっていたので
午前中、まず指標となるサンプルを数点焼き、
それを元に午後は焙煎&カッピングを繰り返しながら煮詰めて行きます。

うちの機械を使うという事もあって私が焙煎を担当させていただきました。
自分で好きに焼けるいつもの焙煎とは違い、先輩焙煎人に囲まれながら
「あれをああして」「ここをこんな感じで」という注文に火力やダンパー、
送風ファンの調整を繰り返し、必死に答えていきます。
慣れない感興と極度の緊張の中汗だくで焙煎。
途中から私は窯の制御に徹し、煎り止めをやっていただくという合わせ技、
まさに全員参加型の共同作業で豆を焼いていきました。

焼いた豆はカッピングしてブレンド調整。
エスプレッソで落とした結果は・・・「!!!」
この味があとは当日どうなるかお楽しみです。

夜はマヌコーヒーの博多店でバリスタチャンピオンシップの練習を見学させていただきました。
初めて競技を生でみましたが、本番を意識した西岡さんのパフォーマンスはただただ「凄い」の一言。
その真剣さと熱い情熱、緊張がこちらまで伝わってきて見てる方も身が引き締まる思いです。

こんな人たちが集う本番はいったいどんな凄い戦いになるのでしょう。
私たちの焼いた豆、ブレンドチャンピオンシップのエスプレッソは
前日決まるバリスタ日本チャンピオンがいれてくれる事になっています。
我々は九州チーム。やはり地元九州のバリスタ、マヌの西岡さんや、
ハニーコーヒーの井崎さん、我らがチームメイト、ヴォアラ珈琲の中摩さんに
いれていただきたいというのが本音なので、お三方をぶりっとぶりっと応援しますが、
セミファイナルに残ったバリスタの方全員が100%の力を発揮できる事を祈ってます。

他のチームの方々の焙煎、ブレンドも楽しみで今からわくわくしています。

さあ泣いても笑っても本番はもう来週。金曜13時より!!
たくさんの方のご来場(笑)応援お待ちしておりまっす!

coffee+ 2 終了!

佐賀県の映画館シエマさんにて行われたイベント、第二回「coffee+」。
僭越ながら今回もコーヒー教室の講師として参加させていただきましたが
熱心な参加者の皆様とスタッフのサポートに支えられ無事に終えることができました。
本当にありがとうございます。


映画のスクリーン前での講義は貴重な体験です(笑)

さて、気になる「コーヒー人生勝ち組確定の何か」はコーヒーミル(グラインダー)でした!
今回はみなさまのコーヒーに「新鮮さ」と「家でコーヒー豆を挽く喜び」をプラス!!
通常のコーヒー教室の終了後、新しい豆と古い豆、挽きたての豆と挽いてある豆でいれたコーヒーの飲み比べを追加。
手回しミルで挽いた時の音や香りも楽しんでいただきました。

時間に余裕が無い中内容を詰め込みすぎかもと心配してましたが
イベント終了後には6人もの方が持っていったコーヒーミルを購入してくださり、
コーヒーミル保有率はイベント前の〔3/11〕から〔9/11〕と驚異的にアップ。

挽きたてのコーヒーをいつでも好きなときに飲める幸せ。
おいしいだけじゃありません。家がコーヒーの香りに包まれる幸せ。
コーヒー豆を挽いた香りは周りの人、
直接飲まない、ただ家の前を通っただけの人でさえ幸せな気分にしてくれます。
それを可能にしてくれるアイテムが「コーヒーミル」。
それを手にした、コーヒー人生の勝ち組が増えることがなによりの喜びです。
多くの人に素敵なコーヒーライフを楽しんでいただきたい、そう願っております。

豆香洞コーヒーではこのイベントの特別企画といたしまして
店長おすすめのコーヒーミルを10月30日まで特別価格で販売いたします。
限定30個。売切れ次第終了させていただきますのでご了承ください。

「coffee+」特別価格!ポーレックス コーヒーミル

いつも張り切りすぎて消耗するコーヒー教室。
それが今回2時間半の2セット。
終わったあとはもうヘロヘロ。
そうだ、映画を観て休んでから帰ろうと思い「靖国」をみてさらに消耗・・・むう

エスプレッソブレンドチャンピオンシップ2008

「ワールド スペシャルティコーヒー カンファレンス&エキシビション 2008」
が10月の15~17日、東京ビッグサイトにて開催されます。
その最終日、17日にSCAJローストマスターズ委員会主催の
「エスプレッソブレンド チャンピオンシップ 2008」という大会が行われます。
全国をブロック別に6チームに分け、同じ生豆を使ってチームごとに焙煎、
ブレンドしたエスプレッソ用ブレンドの味を競うという大会です。
そのイベントに豆香洞コーヒーの焙煎士も「九州チーム」の一員として参加することとなりました。
錚々たる九州チームの面々、お相手となる全国の他の地区のチームも相当な顔ぶれ。
メンバー表を見ているだけで緊張と興奮で足が震えます。

今日九州チームの第一回ミーティングが熊本の「おひさまコーヒー」様方にて行われました。

コンテナを改造した素敵なお店です。
店の奥の焙煎室にはプロバット製の焙煎機が鎮座します。


20秒で閉店可能。すばらしい。

今日は13種の豆から本番でブレンドに使う豆を決めるのが一番の目的。
焙煎室に大の大人がぎゅうぎゅう詰めでサンプルを焼いて焼いて焼きまくり。
アツイ男達の熱気(失礼。女性もいらっしゃいます;)に満たされ、室温計は軽く40度を超えてました。


GOOD JOB!のこのお方は!?


頼れるアニキ!我らがチームリーダー、南阿蘇珈琲の田中さんも汗だくです。


焼きまくった豆をカッピングしまくります。


サンプルを落としていただきました。
日本一の・・・バリスタ様に・・・サンプルを・・・
贅沢すぎる。。。

ある程度方向性は決まりましたが、これからさらに煮詰めていきます。
やるからには楽しむ!そして楽しむためには勝ちに行く!ってのがコンセプトです。
そのため詳細はシークレットです(笑)。

他のロースターさんの味作りの現場を見せていただく、
ましてや意見交換をしながら一つの作品を作る機会など滅多にありません。
自分のような駆け出しの焙煎士にとって圧倒的経験値を持つ先輩方との触れ合いは
見る事、聞くことの全てが勉強になります。
色々な方との出会いや刺激、いつも暖かく見守ってくれるお師匠さんのサポート等もあり
こんなに素敵な機会を得ています。本当にありがとうございます。
しかしこの恩返しは、うちにおこしいただいている
お客様ひとりひとりに味、そして品質で還元していきたいと思っております。

コーヒー教室

無事終わりました。

毎回そうなのですが今回の生徒さんもとても熱心で
講義を真剣に聞いていただきました。
さらに実技の時はわいわいと盛り上がっていただき、
やってる私もとてもハッピーな時間を過ごせました。

もう結構な回数やっているのでいいかげん慣れても良いと思うのですが、
いつになっても講義の際は緊張します。

お客様の大事な時間とお金を頂戴していますので
その対価として何かしっかりとしたものを持って帰っていただきたい、
という思いがあります。

今自分は何かを伝えられているのか、
コーヒーの「楽しさ」を伝えたいのに話が難しい方向に行き過ぎてないか、
色々と考えながら、汗をかきかき話しています。


グラフなどの小道具も駆使してご説明いたします。


今回から登場のホワイトボード。
後から見るとなんのこっちゃ分かりませんが;

前日から準備万全で望み、気合十分2時間しゃべり倒した後に
「良かった」「楽しかった」というお言葉をいただくと、
ほっとして全身の力がどっと抜けます。
今回は教室終了後に夕方の営業があったのですが、
閉店まで半ば放心状態でした。(ごめんなさい;)

今後も月1~2くらいのペースで続けていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

そしてこちら、
スペシャルな出張コーヒー教室イベント
coffee+ blog
もよろしくお願いします。
イベント用のお得な特典も計画中です。

coffee+  phase02

前回ご好評いただいたカフェシエマ×コーヒー屋のコラボイベント「coffee+」
第2回はコーヒー教室、ドリップ講座です。

僭越ながら今回は私が講師を務めさせていただきます。
今回はレギュラーの豆香洞コーヒー教室とは少し違った内容で、
コーヒーにおいしさと楽しさ、それに「もにょもにょ」をプラスしたいと思います。
「もにょもにょ」はコーヒー人生勝ち組確定の何か(笑)です。

今回は定員制、先着順のため予約受付は直接シエマさんまでよろしくお願いします。
みなさまの参加お待ちしております。

リリース

「ドリップ実習」

date:
2008.9.17(wed)

1回目 11:00-
2回目 14:00-

fee:
2,000yen

place:
cafe CIEMA

release:
今回で2回目となるcoffee+。
「ペーパーフィルターを用いたハンドドリップ」の実習を行います。
福岡、白木原より豆香洞コーヒー 後藤直紀さんを講師にお迎えします。
最も一般的でありながら実は奥が深い抽出方法です。
実際にお湯を注ぎ、味を確認しながら、わかりやすく説明していきます。
きっとご家庭でコーヒーを点てる時間が楽しみに変わるはずです。

※できるだけマイカップをご持参ください。
※完全予約制、各回定員6名。約2時間の講習となります。
一回目 11:00-13:00程度 二回目 14:00-16:00程度
なお、一回目と二回目の内容は同じです。
ご予約はeメール、電話で受け付けます。
お名前、参加人数、時間、ご連絡先をお伝え下さい。
先着順の受付けとなり、
定員に達した場合キャンセル待ち扱いとさせていただきます。

CIEMA
tel: 0952-27-5116
mail: office@ciema.info

コーヒーマイスター


先日東京で受けた「コーヒーマイスター」の試験に無事合格しました。
バッジと可愛らしいデザインの認定書が郵送されてきました。

コーヒーマイスターというのは日本スペシャルティコーヒー協会認定の資格です。

 『コーヒーに対するより深い知識と基本技術の習得をベースとして、
 お客様へ豊かなコーヒー生活が提案できるプロのコーヒーマン(サービスマン)
 のことで、わが国では初めての認定資格』

だそうです。
ワインでいうところのソムリエですね。
まだ出来てまもない資格ですが、すでに多くの先輩マイスターの方々が全国で活躍されています。

資格を取った事に満足せず今後も勉強を続けて、
お客様ひとりひとりに合った美味しく楽しいコーヒーライフのご提案ができるよう
精進してまいりたいと思っておりますのでこれからもどうぞよろしくお願いします。

『 第11回 コーヒー教室 』


無事終えることができました。
参加されたみなさまにおかれましてはお疲れ様でした。
終了後いただいた「楽しかった!」の一言がとてもうれしかったです。
次回開催への励みにもなりました。
私もとても楽しくやらせていただきました。

前回と違って今回はホームグラウンドでの開催でしたので余裕が持てました。
回を重ねるにつれ自己嫌悪に陥る割合も少なくなってきている気がします(苦笑)

とはいえまだまだ反省する所は多々あります。
より分かりやすい、より楽しい教室とするためカイゼンし続けてまいりますので
これからもどうぞよろしくお願いします。